ちまメモ

40過ぎてからプログラマーを目指している主婦。日々思うことなどを書いてます。

おばさん、プログラマーになるってよ

43歳、地方在住、高学歴なし、派遣社員、の私がプログラマーになろうと思ったわけ

このブログのはじめての記事になります。どうぞよろしくお願いします。

 

まずはタイトルの理由を書いていきます。

 

人生100年時代を健やかに生きるために

年金受給年齢がどんどん引き上げられ、そもそも公的年金自体を当てにできない時代になりそうです。 つまりこの先『リタイア』という概念もなくなり死ぬまで働くことになりそうです。

 

えっ、この先ずっと派遣社員

2020年には女性の2人に1人は50歳以上になると言われているので、おばあちゃん派遣社員も全然ありな話ではあります。 

 

いやいや、無理でしょう。無理というか嫌だ。

だったら自分の人生自分でコントロールしなきゃと思い、人生100年時代を生きる上で最も適切な職業を探してみました。

 

それがプログラマーでした。フリーランスになってリモートで仕事ができるようになれば、歳をとって足腰悪くなっても自宅でパソコンさえ叩ければいい。老体にムチ打って風の中、雨の中を会社まで通わなくてもいい。

これから超高齢化社会になる日本。こんな日本で生き延びていくためにも今からせっせとスキルを身につけ、かっこいいおばあちゃんプログラマーになってみせます。

 

時間とお金の自由を手に入れるために

フリーランスプログラマーを目指している人なら、みんなこれを目指しているんではないかしら。会社員してたらこの2つは限定的にしか手に入らないですし。まず、絶対に自由にはなれないですもんね。

私の意味するお金の自由とは、良い意味でも悪い意味でもお金を得ることができるのは自分次第ということ。自分でコントロールして増やすこともできるし、逆に失ってしまうこともある。そんな意味なんです。なんかうまく説明できないけど。。

 

このブログではプログラマーになるまで道のりの記録にしていきたいと思います。

もし同じようなスペック(中年(笑)でプログラマ初心者)の方が読んで励みになったり、共感してもらえるようなブログになるといいな〜

 

とりあえず、100日毎日更新を目指して頑張ります。