ちまメモ

40過ぎてからプログラマーを目指している主婦。日々思うことなどを書いてます。

12年間続けた派遣生活に今日でピリオド

f:id:ladymame:20180627211852j:plain

気づけば派遣の仕事を12年間続けていました。

ずっと事務系の仕事です。

その前の社員の仕事も、派遣社員になってからも一度も仕事を楽しいと思ったことはありませんでした。

働けることで毎月お給料がもらえるのはありがたいな、とは思っていましたけど。

そこに疑問を持つこともなく。そもそも、仕事ってそんなもんだろうと。

だから今までずっと派遣の仕事を更新し続けてきたけど、今回は更新はせずにきっぱりやめることにしました。

なぜなら、もうこれ以上好きでもないことに時間を費やしている場合じゃないなと思ったから。

 どうしてそう思うようなったかというと、40過ぎてから「この先確実に老いていく自分」という現実が、本当に現実として起こるんだと分かってきたからです。別に関節が急に痛み出したとかそういうことではなく、感覚として「生きている時間は有限なんだ」という感覚。

そしたら、”月曜から金曜日まで、8時半から5時半まで”という膨大な時間を、好きでもないことに自分の命を消耗していることがとてももったいなくなりました。

だから残りの人生、本当に好きなことをして生きてみたくなりました。

ただ、本当に好きなことっていうのが何なのかはまだよく分からないのです。(猫は好きですがw)

 

ホリエモンが『ゼロ』で言ってた言葉。

・人はなにかに「没頭」することができたとき、その対象を好きになることができる

・人は「仕事が好きだから、営業に没頭する」のではない。順番は逆で、「営業に没頭したから、仕事が好きになる」のである。

だから当分は自分が興味があるもの、やってみたいことは手当たり次第にやっていきたい。そして没頭したい!ハマりたい!

ある意味、これってこの記事でも書いた「不良」になるってことかも。

【映画の感想】パンとスープとネコ日和 - ちまメモ

 

43歳の不良デビューですが、年齢は関係なく人はいつでも不良になれるはず。

 

30代の始めの頃は英語に夢中になっていて「40になったら英語ができる人になりたい」と思い、目標だったTOEIC900超えを果たし、一応英語が得意というレベルまではなれた。

そして今40代。30代の頃と違って具体的にどういう50代になるイメージがないけど、気づいたら「好きなことをして毎日生きている」っていう自分だったらいいなと思います。

 

今日は脱派遣社員記念日。